トップ > 地域限定エリア

地域限定エリア

企業のみなさまへ

私たちマイステージ・ジャパンは、各地域において、地域と女性に特化したマーケティングを実践しています。「私だったらこんなモノが欲しい」「私だったらこんなモノに心が動く」
そういう生活者の声を掘り起こし企業に繋げています。
私どもが構築した「マイステージのエリアマーケティング」は地域で営む企業さんと生活者を結ぶ仕組みを活用し実践したものです。
“ニーズのある人”の掘り起こしと“必要とされるモノ”を生み出すこと。これがこれからの企業が取り組まなければならないマーケティング活動と考えます。

この「売れる商品を生み出す仕組みつくり」=「マイステージのエリアマーケティング」を貴社の販売促進や商品開発にぜひお役立てください。

地域にこだわるとは 〜地域に密着した市場の細分化

エリアマーケティングのステップ

エリアマーケティングは、全国あるいは全店一律の画一的な戦略ではなく、市町村や商圏といった地域の顧客特性で市場を細分化し、地域差とそこから生じる地域特有の顧客ニーズに応じた戦略を生み出し、それを実施する手法です。

そして、その「地域差」や「地域特有の顧客ニーズ」を把握するためには、地域のデータ(人口、世帯、年齢構成など)、経済情報(住む人の所得水準や小売店売上など)、競合状況(店数や地域一帯のシェアなど)、さらにライフスタイルなどによる消費特性などを収集し、分析することで、地域に密着した市場動向を素早く察知する必要があります。

エリアマーケティングの商圏とは

エリアマーケティングでいうところの『商圏』とは,小売店舗,商店街やショッピングセンターなど、「地域の企業がターゲットとするお客様の吸引力の及ぶ地理的あるいは時間的な面の広がり」です。
つまり、「消費者が買い物のため来店する店から何キロ以内といった地理的エリア」、あるいは「来店所要時間何分以内といった時間的範囲」がありますが、地域に住む人々の生活(消費)行動に加え,店の業態や売り場面積,駐車場規模,さらには店周辺の道路事情や競合店の状況といった多くの要因が複雑に絡み合って形成されます。

エリアマーケティング調査

前述したように、エリアマーケティングは,商圏内の地域特性,地域差に着目し,その地域に合致した店づくり・売場づくりの実践です。
そして、この商圏の「地域特性」を明確にするための一連の調査が、市場調査=エリアマーケティング調査。この調査により、「顧客の見込み数」「顧客は何を求めているか?」「店の強みを活かす手段は何か?」を明確にし,地域事情に対応した店づくりに活かすことができます。

エリアマーケティング調査事例

飲食店のエリアマーケティング 〜A市内B町に新店舗をオープンしたい

これまで来店客数を増やすための有効手段であった「おいしい!安い!」を謳い文句としたチラシ販促や「○○で何割引!」といった特典サービスは、使い方によっては消費者に飽きられ、客離れにつながりかねません。
そこで、有効なのがエリアマーケティング戦略です。
地域(エリア)の気質・特性やライフスタイルに応じたメニューの品揃え、店内雰囲気、接客などの工夫によって、“いつ行っても楽しい店” “お気に入りの店”という評価を得、固定客(ロイヤルユーザー)の増大、特に優良客の識別とその囲い込みによって売上アップにつなげます。

1)来店想定客数の把握

a. 商圏内の年齢別人口・世帯数・事業所数及び従業員数を行政データなどより第1潜在ユーザー数を算出。
b. 商圏の競合店(既存飲食店)のカテゴリー別件数と、その店舗キャパ(席数・駐車収容台数)、顧客獲得率の高い時間帯の回転数などを調査することによる第2潜在ユーザーを算出。
c. 商圏にかかる幹線道路、生活道路で、店舗の顧客獲得率の高い時間帯(ランチ、ディナー)に走行する車両走行調査により第3潜在ユーザーを算出。

2)メニュー・料金設定・店の雰囲気づくりの把握

商圏または近隣エリアに住む生活者を対象に消費動向アンケート調査を実施し、メニュー設定、料金設定の指針とする。
a. マイステージネット登録会員から商圏エリア(在住者・勤務者・訪問利用者など)の該当者を対象に、外食に関するWEBアンケート調査を実施。
c. 商圏エリアに在住、あるいは勤務者などを対象に、街頭、訪問アンケートを実施。

3)売り上げ想定額の把握

※上記 1)2)の調査の分析結果から、売上見込み額を想定する

エリアマーケティング活用フロー

フロー図

続きを読む - 「花子エリアマーケティングの実践例」へ

このページのトップへ